-

まず、自己破産を申し立てるまで債務者人に直接の電話使用の返済要求と、債務のある個人の住んでいる家への直接訪問による取り立ては違法でないということになっています。

とりわけ、破産申請の作業に入ってから申請までに無駄な手数が費やされてしまった場合では無作法な返済要求をする確率が上昇します。

債権者側にとっては負債の支払いもされないでかつ破産などの法律の手続きもされないという状態であると会社内で終了処理をすることができなくなります。

他にも債権保持人の一部は有資格者に依頼していないと知ったならなかなか厳しい締め上げ行為に出る業者もいるようです。

司法書士法人や弁護士に頼んだ際には、一人ひとりの債権保有者は依頼者に直接集金を続けることが認められません。

SOSを受け取った司法書士または弁護士は要請を担うという意味の文書を各取り立て屋に送ることになり、各取り立て屋がその郵便を見た時点から負債者は取り立て屋による危険な徴集から自由になるという流れになります。

ところで、取り立て屋が実家へ行っての返済要求は条項で禁止事項になっています。

貸金業で登録してある業者ならば勤務先や故郷へ行っての返済請求はルールに違反しているのを理解しているので法に反していると伝えてしまえば、そういう返済請求をやり続けることはないと思います。

破産に関しての申し立て後は申請者に対する収金を対象内として、返済要求行為は禁じられます。

だから、集金行動は完全に消滅することとなります。

しかしながら、ときには禁止と知っていて訪問してくる業者も存在しないとは思えません。

貸金業で登録を済ませている会社であれば破産の申請の後の集金が法律のガイドラインに抵触するのを気づいているので、違反であると言えば、そういった徴集を続行することはないと考えられます。

とはいえ、裏金と呼ばれる登録外の企業については常識外で、危険な収金などが理由の被害が無くならないのが現状です。

ブラック金融が取り立て企業の中に存在する際は絶対に弁護士や司法書士事務所などの専門屋に依頼するといいと考えます。

Category

リンク