-

クルマを売却する場合、それから所有車の処分時も印鑑証明書が必要になってきます。

この印鑑証明という書類に関して解説していきます。

印鑑証明とはある印鑑に対して、それが実印として効力を持つことを裏付けるための書類です。

印鑑証明書がないのであれば、その印鑑について実印であるということが裏付けられません。

高額な取引になる自動車の売買ですので、実印が必要になりますが、その時にこの印鑑証明も要るのです。

印鑑証明という書類をつくるためには、その前に印鑑証明をする必要があります。

登録する印は実印といい、この世に一つだけの印鑑であることが必須です。

実印を手配してお近くの市役所などの案内係へ出向けば印鑑登録の手続きができます。

印鑑登録をすれば印鑑登録カードが発行され、印鑑登録手続きをした印鑑は実印として使えるようになったということになります。

印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を発行してもらうためには市町村役場の担当部署へ行き、印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を埋めて、印鑑登録カードを持参するだけで大丈夫です。

また自動交付機で交付してもらうことができます。

印鑑証明には有効期限はないのです。

ですのでどんなに前の印鑑証明でも証明書としての効力は半永久的に持続するということです。

ですが中古車買取時には必要となる印鑑証明は現在より3ヶ月以内に発行された書類でなければなりません。

ほとんどの場合有効期限などはないのですが所有車の買取のときには相手側が有効期限を定めていますので、もしも中古車の買取を考えているなら、手放す前に持っておくことが望ましいです。

Category

リンク