-

予測せず起こってしまうのが事故です。ここでどう対応する結果により、自動車の保険料の支払金もかなり大きく差が出る場面も想像されますので正確な決断力と対策が求められます。予期せぬケースにあって気が動転してしまったとしたら重大な対処を見落してしまい後で己がかなりの損をする状況もありますので乗用車の事故をしてしまった場面では正しく次に記述した判断するとよいかもしれません。事故をしてしまった場面でまずする事は怪我をした方の確認です。自動車事故直後は頭が混乱して虚脱状態になってしまう状況があり直ちに動けないのが普通です。怪我をした人がいたとしたら危険じゃない場所に運んでできる限りの処置をし、周りに助けを呼ぶなどを行い要救助者第一に努めることが大切です。救急車に連絡する時は正確な現場を連絡して不確かな状態では周囲のよく知られているデパートや番地名を知らせて事故が起こった地点が判断できるようにします。その後で110番に連絡して、自動車事故が起こった事さらに現在の状況を告げます。救急車と警察を待つ間に相手の事を確認します。姓名、ナンバープレートの番号、事故の相手の保険会社名と言った各々の情報を教えあいます。この時事故の相手にミスがあった状態では、その場で処理するケースが考えれますが現場で処理するのではなくどのような時でも警察や自動車の保険会社届け出て公平にジャッジしてもらう事が大切です。関係者の身元を交換したら車の障害にならないように妨げとなる物道路の上から除去します。仮に邪魔な物が他者の車の障害となっている状況なら情報の交換をするよりもこの作業を行うことは問題は起こりません。ここで自らの掛金を支払っている保険屋さんに連絡を入れて交通事故が発生したことを知らせます。車での事故から特定時間内のうちに保険屋さんに電話を入れておかないと、車での事故の保険の適用されない事態もありますので極力遅れることなく行動することが欠かせません。また事故の現場の形跡としてデジタルカメラや携帯などを使って事故やマイカーの破損を見ることができる写真を撮影しておきます。この写真は過失割合を決める際に証拠となるので己の乗用車や相手方のクルマの破損箇所を正確にカメラに残しておきましょう。その状況で見た人がいたら警察の方や自動車保険会社の人が辿り着くまでその場所に待機して頂くように頼むのも大事です。

Category

リンク