-

レンタルサーバーには、2種類あります。それは、共用サーバーと専用サーバーです。 物理的に1台のサーバーを何人かのクライアントで共同で利用するのが共用サーバーです。1台のサーバーを借り切るのが専用サーバーです。 それぞれに長所・短所があります。共用のサーバーの場合、同居している他のクライアントのアクセスが高まると、自身のコンテンツの表示が遅くなったりします。共用サーバーの、高負荷はNG行為です。専用サーバーならアクセス集中が起きても、迷惑するのは自分だけです。それでも、度を超すとレンタルサーバー業者の全てのサーバーに影響を及ぼすことがあります。 これを分かり易く言うと、バスツアーと同じです。旅行代理店で申し込んだバスツアー(共用サーバー)で、大騒ぎすると他の乗客に迷惑がかかるので静かにして下さいと、注意されます。ところが、チャーターバス(専用サーバー)なら、バスの運行に支障が出ないなら、カラオケ大会でもなんでもありです。 費用は、専用に比べて共用は数分の一です。一方、サーバー機能(データーベース等の使用できる機能)は専用サーバーの方が充実しています。サイトで行うことを検討してから、レンタルサーバーを選びことが大事です。